インストラクターのブログ
フィットネスインストラクター百瀬 和子のオフィシャルブログ
フィットネスインストラクター百瀬 和子のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > 美容・健康 > 高校時代

高校時代

  • 投稿日:2011-10-12(水)05:33
  • 最終更新日:2011-10-12(水)05:33

昨日のブログ記事
「学生時代の運動量が生涯にわった影響する」
について、高校の同窓生から反応がありました。

「あの時」があったから、今も元気なのかな~と。

私達が卒業した高校は
「体育」の授業が、とてもキツかったです。

とにかく、走らされる。
夏は、ひたすら泳がされる。

雨の日は、グランドで球技などできないので
ひと時間中、走らされました。
男子で10km、女子で7kmくらい。

真冬でも! です。
受験直前でも! です。

みんな、根性があるので、
ひたすら、泳ぎ、走っていました。

だから、今でも若くて元気ハツラツの人が多いようです。

「やりとげた」自信もあるのかな。

卒業して数年経った時、
当時の体育の教師から
「社会人になれば、キツイことがたくさんある。
 お前達が25歳になるまでの体力はつけてやった」
との談でしたが…

25歳まで、どころか
生涯にわたっての体力をつけて頂いたってことか…。

先生方に感謝!

  by ピラティスMOMO

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

コメント(閉):1

とし@体操部 2011 年 10 月 13 日

そのとおりだと思う。
若い時に鍛えた体力、気力、忍耐力は、年をとっても健在とおもうよ。
あと得たものは根性かな。

ホーム > 美容・健康 > 高校時代

カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
QRコード
リンク
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る